2019年9月20日本日発売のiPhone11Pro Maxを使ってみた

【iPhone11Pro Max】

令和1年9月20日に発売
新型iPhoneの主な特徴は、超広角カメラ

バッテリー駆動時間の長さが増えたこと

大きく仕様変更は2つがポイントです。

  • iPhone11Pro Maxはカメラのレンズが3つで超広角カメラの広範囲マルチカメラ画像
  • アップルが自社設計の特に力入れる機械学習処理機もiOS 13の特徴
  • 全機種では、搭載していない画像編集処理、機能も実装している。

【画像編集】今回のiPhone11Pro Maxには

定規、物差し機能が実装されておりました。

写真を撮影した写真に、内蔵の物差しで、

計測したところ、大凡5.8cm

物差し、定規の機能

文字の太さが何パターンが増えてる

ピクセル消しゴム、オブジェクト消しゴムで消去

消しゴム機能

  • 画像編集の機能が増えた
  • 三眼レンズになり写真のクオリティが高い
  • 本体カラーのバリエーションが増えて垢抜けた
  • iPhone 11 Proの超広角で撮影
  • iPhone単体でクオリティ高い写真撮影が可能
  • グループで写真撮影などに使える機能でワイドにとれるなこれは
  • Neural Engine (機械学習処理器)

iPhone Pro Maxを使用するメリット

  • 画面が見やすく仕事でもメールの処理など使える
  • クラウド会計ソフトなどで見積書の撮影なども便利だって
  • 写真撮影機能のクオリティが高くビフォーアフターなど使える写真撮影ができる
  • WordPressで記事を作成時に便利だった
  • 音声入力で記事も書けるレベルだった

Point

iPhone 11 Proマックスでこの記事も作成しています音声入力で長文でもすらすらと記事を作成できるので文字入力が苦手な人でもライブドアブログやワードプレスのブログ記事の投稿を便利にしてくれるので、
これからは音声を文字入力のデータ起こしが必要ないかもしれません。高機能になったiPhoneで仕事にも遊びにも使い方次第です。

アップルは9月11日、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」を発表しました。

最上位モデルのiPhone 11 Pro Max。

広角の12メガ(35mm換算26mm、F1.8)と、

望遠の12メガ(35mm換算52mm、F2.0)、

超広角の12メガ(35mm換算13mm、F2.4)の組み合わせで、幅広い撮影が可能になりました。

ストレージは64GB/256GB/512GBの3モデルを用意。Apple Storeでの価格は、64GBが11万9800円(税抜き)/12万9384円(税込み)、128GBは13万5800円(税抜き)/14万6664円(税込み)、256GBは15万7800円(税抜き)/17万424円(税込み)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはこちら

相談/お問い合わせ